· 

日本人は家づくりを知らない?

 

昔は、棟上げや屋模葺き(ひわだぶき)などを行っていて、大工と共に施主や近隣の人々も手伝いをするなど、日常生活の中に「家づくり」が存在したものです。

 

しかし、今の家づくりには、施主も近隣の人々も一緒に作業に加わるという実体験の場などは無くなってしまいました。

 

あったとしても、 それは自分の家づくりの際に左官塗りをやってみるという程度のものであり、一生に1度の大事業である家づくりの前に家づくりを体験する機会はなくなってしまいました。

 

さらに、日本には住教育がありません。

 

住生活基本法では、住教育の無さについて「国及び地方公共団体は、教育活動、広報活動、その他の活動を通じて、住生活の安定の確保及び向上の促進に関し、国民の理解を深め、 かつ、 その協力を得るよう努めなければならない。」などと規定しています。

 

従って、現在は土台も柱も作りも知らない人が家を建てようとしているわけなのです。

 

チャレンジャーですよね。

 

 

ローコストがよく見える?

 

工芸品でも芸術作品でも分かる人が見れば、その作品の良さがわかる訳ですが、知らない人がいくらずばらしい作品を見てもその良さは分かりませんよね。

 

そう、今、家づくりをしようと考えている方の多くは、 家の良さ、重要性を知らない人が多いと思います。

 

そうすると、いくら施工技術が高かったり、素晴らしい家でもその価値をわかってもらえない事が多いのです。

 

そして、100円ショップが大盛況なように、ローコスト住宅にも100均と同じ効果がある。

 

そんな現実があるような気がしています。

 

 

 

「建築の素人」で良いのでしょうか?

 

よく、住宅関係の裁判の際に、 「私は建築の素人だから何も分からない」という主張があるようです。

 

しかし、住宅ローンという大借金をして人生の大事業をするわけなのに、そんな大事業をするにあたって、「何もわからない」のままで良いのでしょうか?

 

無知のまま、丸裸で飛び込んでしまうほど、住宅業界って信頼できる業界なんですか?そんないい会社しかないと思いますか?

 

自分だったら、何もわからないまま全て信頼してしまう勇気はありません。

 

やはり、 家づくりをすると決めたからには、 家と住宅業界の事を一生懸命勉強してほしいのです。

 

家の事を勉強してあれば、 自分の家づくりにあたっての希望を担当者・設計者に伝える時、正確な内容を伝える事もできます。

 

勉強してからの家づくりの方が、きっと自分にあった工務店・メーカーに出会う事ができると思いますし、一生☆満足できる家に近づく事が出来ると思いますよ。

 

以外に家づくりって勉強し始めると面白いので、女性の方にもオススメです!

 

スイートホーム

staffより

⇓スイートホームへのお問合せは、お手数ですがこちらからお願い致します⇓
☎0120-181-323
✉mail@iezukuri-co.sakura.ne.jp
🖊資料請求・フォームからのお問合せ

スイートホーム関連キーワード

二世帯住宅,多世帯住宅,同居,家族,親族,プラン,親,子供,部屋,分離,共用,孫,メリット,デメリット,親子,老後,介護,輸入住宅,家づくり,スイートホーム,裏技,リフォーム,インテリア,リメイク,アンティーク,ツーバイフォー,住宅ローン,理想の家,明るい,おしゃれ,かわいい,ローコスト,ガーデニング,マイホーム,新築,住宅,注文住宅,自由設計,モデルハウス,庭,暖炉,エコ,アレンジ,カフェ風,DIY,インスタスポット,映え,可愛い,オシャレ,輸入住宅の方が得,ホームパーティ,一軒家,海外,洋風,アイアン家具,北欧,こだわりが無い人お断り,コスパ,こんな家に住みたい,収納,断熱,高気密,高断熱,福島,住宅会社,北欧住宅,マイホーム計画,外観,計画,福島市,福島県,,会津若松市,郡山市,いわき市,白河市,須賀川市,喜多方市,相馬市,二本松市,田村市,南相馬市,伊達市,本宮市,伊達郡,桑折町,国見町,川俣町,安達郡,大玉村