· 

照明プランニング

 

上手にプランニングすれば、部屋の雰囲気もがらっと変わる照明。

ただ「明るい」だけではなく、美しい陰影を愉しめるようなコーデ方法や照明器具・ランプの選び方は?

 

 

①主照明と補助照明で深みのある空間を

 

照明の方法には、部屋全体を明るくするために使う

 

「主照明」

 

 

手元を照らしたり室内を演出したりする時に使う

 

「補助照明」

 

があります。

 

照明の位置は、部屋のどこで何をするための物かによって決めます。

 

例えば、リビングの場合、部屋の中心に主照明をひとつ設置する以外に、食事を楽しむダイニングテーブルや本を読んだりするソファなどに補助照明を付けてみるのもオススメ。

こんな感じに、一つの部屋に複数の照明があることで、陰影と奥行き立体感がうまれ、深みのある空間を演出してみてはいかがでしょうか☆

 

 

②間取りと同時に照明プランも考える

 

 

 照明の場所を自由に決められるのは、注文住宅ならではの楽しみの一つです。

しかし、決めるタイミングによっては、照明器具の数や配置、器具の種類に制約がでてしまうこともあるので注意。

特に天井に埋め込む「ダウンライト」や壁に掛ける「ブラケット」は、内装工事が始まった後では取り付けられない場合があります。

 

思い通りの照明プランを実現するなら、間取りの検討と同時に進めるのが一番。

 

 

その方が、窓や家具の配置などを考慮しながら、照明器具やスイッチの位置を決めることができます。

 

照明の位置や数、器具デザインなど十分に検討すれば、陰影の楽しめる美しい空間も可能となりますので是非。

 

③照明器具を選ぶときには光の出方もチェック

 

照明器具はインテリアテイストを考慮しながら、必要な明るさが確保できるように選んでみて下さい。

 

同じワット数の照明器具でも、配光パターンやデザインによって明るさの印象はかなり違います。

お店で見るときはランプをつけてみて、またカタログで選ぶときには点灯写真を参考にして選んでみて下さい。

 

またランプには、赤みのある暖かな色の白熱タイプ、青白く太陽光に近い色の蛍光タイプ、白熱ランプに近い色の電球色蛍光タイプなど色々あります。

光の色は色々と人に与える効果もあります。

 

光の色が異なると落ち着かない空間になったりするので、一室に複数のランプを使うなら、同じ種類のランプを選んだ方が統一性が出るのでオススメです。

 

 

☆配光の種類☆

 

・直接配光

すべての光が下に向かい照射する配光バターン。光の当たらない天井や部屋のコーナーなどは暗くなりがちになるタイプ。

 

・間接配光

光を天井や壁、絵画などに照射させ反射光で明るさを得る配光パターン。咳しさがなく、落ち着いた雰囲気に。

 

・全般拡散配光

光が全方向に柔らかく広がる配光パターン。まぶし過ぎないソフトな光で、 部屋を均一に照らすことができます。

 


家づくりの際には照明やコンセントの位置はとても重要になってきます。

後から配置する事も出来なくはないのですが、手間がかかります。

早い段階から、生活をイメージして配置を考えてみて下さい。

 

 

スイートホーム

staffより

⇓スイートホームへのお問合せは、お手数ですがこちらからお願い致します⇓
☎0120-181-323
✉mail@iezukuri-co.sakura.ne.jp
🖊資料請求・フォームからのお問合せ

スイートホーム関連キーワード

二世帯住宅,多世帯住宅,同居,家族,親族,プラン,親,子供,部屋,分離,共用,孫,メリット,デメリット,親子,老後,介護,輸入住宅,家づくり,スイートホーム,裏技,リフォーム,インテリア,リメイク,アンティーク,ツーバイフォー,住宅ローン,理想の家,明るい,おしゃれ,かわいい,ローコスト,ガーデニング,マイホーム,新築,住宅,注文住宅,自由設計,モデルハウス,庭,暖炉,エコ,アレンジ,カフェ風,DIY,インスタスポット,映え,可愛い,オシャレ,輸入住宅の方が得,ホームパーティ,一軒家,海外,洋風,アイアン家具,北欧,こだわりが無い人お断り,コスパ,こんな家に住みたい,収納,断熱,高気密,高断熱,福島,住宅会社,北欧住宅,マイホーム計画,外観,計画,福島市,福島県,,会津若松市,郡山市,いわき市,白河市,須賀川市,喜多方市,相馬市,二本松市,田村市,南相馬市,伊達市,本宮市,伊達郡,桑折町,国見町,川俣町,安達郡,大玉村