· 

一年中快適な室温に保つ

【もともと気密性が高い2×4工法や木質パネル工法】

 

北米や北欧などは緯度が高く、とても寒いため、必然的に2×4工法や木質パネル工法などの高気密・高断熱の家が進化してきました。

一方、日本では、ヒートアイランド現象により、窓を開けて快適に過ごすことができなくなった事などもあり、「冬の寒さ対策」と同時に、「夏の暑さ対策」の面からも、高気密高断熱の輸入住宅に対する関心が高まってきました。

 

では、2×4工法や木質パネル工法に代表される輸入住宅は、なぜ高気密・高断熱なのか。

 

これらの工法は、壁や床に構造用合板を張ったり、壁パネルを組み立てるため、接合部に注意すれば必然的に気密性は高くなる作りなのです。

 

 

【厚い断熱材の採用で楽天井や床、壁の気密性がアップ】

天井や壁・床の断熱性を左右するのが断熱材です。

厚くて高密度のグラスウールやロックウールなどを使っている所も多数。

また、2×4工法や木質パネル工法の輸入住宅などに多く用いられている「パネル断熱」という断熱工法にも注目。

この工法は、工場で天井や壁、床などのパネルの中に厚い断熱材や石膏ボードを張り付けて加工し、現場で組み立てる。

組み立てる際のミスが無くなり、一定の断熱性や気密性を保つことができるのが特徴です。

また、パネル内の結露防止のために、防湿フィルムを組み入れるやり方も。

高気密·高断熱の一輸入住宅では、住宅の隙間が少ない分だけ、窓ガラスや窓の隙間から逃げる熱量の比率が高くなります。

そこで輸入住宅メーカーでは木製窓にこだわり、開口部の熱貫流率を下げる努力を行っていたりします。

 

高気密·高断熱の住宅には換気が重要です。

 

冬、暖房がきいた室内で起こりやすい結露。

 

外気と内側の暖かい空気との温度差が大きいため、窓のガラス面や壁に水滴が付着するものです。

これはそのまま放置するとカビの原因になったり、人の健康にも悪影響を及ぼします。

また水滴や湿気は壁や床材の腐食をもたらし、住まいを傷つけることにつながります。

 

この結露から住まいを守るため、床・壁構造をはじめ、開口部などに断熱・耐湿性を配慮。

プライウッド(構造用合板)には、本実加工がされている為、組み合わせた時のダイヤフラム構造を完全なものにします。

また、フェノール樹脂の外部用接着剤を使用するため、湿気の多い場所での使用に優れています。

また壁には高性能の防風透湿シート、壁内部に室内の湿気を入れないようにするベーパーバリアなどを使用して耐湿性を強化しています。

そして、第1種全熱交換型セントラル換気などを取り入れることにより、室内に生じる有害な化学物質の除去・浄化して、住む人が新鮮でキレイで安全で気持ちの良い空気を吸える様な空間づくりにもこだわっています。



⇓スイートホームへのお問合せは、お手数ですがこちらからお願い致します⇓

スイートホーム関連キーワード

二世帯住宅,多世帯住宅,同居,家族,親族,プラン,親,子供,部屋,分離,共用,孫,メリット,デメリット,親子,老後,介護,輸入住宅,家づくり,スイートホーム,裏技,リフォーム,インテリア,リメイク,アンティーク,ツーバイフォー,住宅ローン,理想の家,明るい,おしゃれ,かわいい,ローコスト,ガーデニング,マイホーム,新築,住宅,注文住宅,自由設計,モデルハウス,庭,暖炉,エコ,アレンジ,カフェ風,DIY,インスタスポット,映え,可愛い,オシャレ,輸入住宅の方が得,ホームパーティ,一軒家,海外,洋風,アイアン家具,北欧,こだわりが無い人お断り,コスパ,こんな家に住みたい,収納,断熱,高気密,高断熱,福島,住宅会社,北欧住宅,マイホーム計画,外観,計画,福島市,福島県,,会津若松市,郡山市,いわき市,白河市,須賀川市,喜多方市,相馬市,二本松市,田村市,南相馬市,伊達市,本宮市,伊達郡,桑折町,国見町,川俣町,安達郡,大玉村