· 

火事の被害を最小限に

 

【太くて厚い天然木材は場合によっては鉄よりも火に強いことも】

輸入住宅にはたくさんの木材が使用されています。

そのため一般の住宅よりも火に弱いと考える人も多くいます。

しかし2×4工法や木質パネル工法の構造材に使用される太くて厚みのある木材は、火災が発生しても表面が燃えるだけで、その中心部までは燃焼しないことが証明されているのです。

 

 

その理由は、木材が燃え始めるとまず表面が焦げて、その焦げた部分が炭化層をつくって断熱層となり、結果的に火の進行をくい止めます。

通常の火災時での火の威力では、木の炭化速度は毎分0,6~0,8mm程度といわれています。

これならば、仮に15分燃え続けたとしても、木材の表面から約1㎝の炭化で済み、一気に家が燃え落ちることはないのです。

 

また鋼材などの場合は、ある一定温度に達すると急激に柔らかくなって変形し、溶けたり崩れ落ちる事もあります。

対して木材は、火災時の高温でも急激に変形したり強度が低下することは無いといわれている為、 崩落に対する耐久性も比較的高いといえます。

 

加えて、耐火性や防火性を高めるため、パネル内に石膏ボードの一種の『強化ボード』を組み込んだりします。

 

石膏ボードにはいくつかの種類があり、壁や天井など使用する部位や条件で使い分けられていますが、中でも、最も防火性能が高いといわれているのが強化ボードです。

 

強化ボードは、火災に対する耐性を第一に考えている為、「高温でも伸縮・変形しにくい」 「ボードの表面が炎に触れると、中の結晶水が熱分解を起こして水蒸気を発生させる」などの特徴があります。

(※熱分解で発生した水蒸気が壁の内部や天井裏の温度の上昇を抑え、壁内の構造材が発火温度に達する時間を遅らせる。)

 

また、壁パネルの中にファイヤーストップ材を組み込むなんて技もあります。

このファイヤーストップ材は、パネル内の空気層を細かく区切り、壁内の温度の急激な上昇を抑えて、発火を遅らせる役割を果たします。


もしもの時の耐火性・防火性を考えた家づくりはロングライフの家づくりには重要なポイントです。

 

これから寒くなって乾燥する季節になり、暖房器具や電気を沢山使う事になるご家庭も多いかと思います。

 

火の始末やコンセントには十分お気をつけてお過ごしください。

 

スイートホーム

staffより

⇓スイートホームへのお問合せは、お手数ですがこちらからお願い致します⇓

☎0120-181-323

mail@iezukuri-co.sakura.ne.jp

🖊資料請求・フォームからのお問合せ


スイートホーム関連キーワード

二世帯住宅,多世帯住宅,同居,家族,親族,プラン,親,子供,部屋,分離,共用,孫,メリット,デメリット,親子,老後,介護,輸入住宅,家づくり,スイートホーム,裏技,リフォーム,インテリア,リメイク,アンティーク,ツーバイフォー,住宅ローン,理想の家,明るい,おしゃれ,かわいい,ローコスト,ガーデニング,マイホーム,新築,住宅,注文住宅,自由設計,モデルハウス,庭,暖炉,エコ,アレンジ,カフェ風,DIY,インスタスポット,映え,可愛い,オシャレ,輸入住宅の方が得,ホームパーティ,一軒家,海外,洋風,アイアン家具,北欧,こだわりが無い人お断り,コスパ,こんな家に住みたい,収納,断熱,高気密,高断熱,福島,住宅会社,北欧住宅,マイホーム計画,外観,計画,福島市,福島県,,会津若松市,郡山市,いわき市,白河市,須賀川市,喜多方市,相馬市,二本松市,田村市,南相馬市,伊達市,本宮市,伊達郡,桑折町,国見町,川俣町,安達郡,大玉村