· 

不健康住宅。

 

接着剤で張り付けられた加工材を沢山使っていると、家の強度だけでなく、健康上の問題も沢山出てきます。

 

日本人が健康住宅に関心を持ち始めたのは、少し前から。

子供のアトピーと端息が広がったことから注目されはじめました。

 

 

昔は建てられた後の屋内環境のことなんて後回し。合板を作る工場では強度を出すためにふんだんに接着剤を使っていました。

 

建材屋さんなんて、「この板は、目がパチパチするから、丈夫でいいねー」なんて冗談を言ってみたり。

 

住む側からすると冗談では済まないんですけど。。。

 

昔はそんな目から涙が出てくる程、接着剤が多く使われていたのも事実です。

 

 

徐々に不健康住宅の問題がクローズアップされるようになって、新築の家の接続着剤や部材から発するホルムアルデヒト等の揮発性有機化合物で体調を悪くする「シックハウス症候群」も話題となりましたが覚えていますでしょうか?

 

最近は日本でも厚生省が関知するようになって、特定物質を規制する方向になってきたのです。

日本の会社も、ホルムアルデヒトを含む建材を使わないように神経を尖らせて作っています。

 

アメリカやヨーロッパでは日本より10年以上も前からそういう規制があったのですが、日本は建築に関しては遅れていると言われています。

 

しかし、有害物質を使っていたとしても、適切な対応をすれば問題は随分少なくなる事もあるんです。

 

トルエンなど揮発性の高いものは気温30~35度以上になると揮発するので、家の引き渡し前に3~5日間ほど、部屋を30度以上にしてあげると削減できます。(ベイクドアウト)

 

また、新しく購入されるカラーボックス等の安価な家具は、住宅で使われる建材以上に有害物質を含む場合があります。購入前にぜひ注意してみてください。

 

こうした簡単な作業について住宅を売る側(営業さんとか)からは教えない事が多いと思います。

なぜでしょう。。

営業さんは家を売る人(お客様担当)なので、その家に効果があるかどうかもわからない場合も多いのです。

※ベイクアウトは必ずしもすべての家に効果があるわけではないのです。

 

 

 

最近は、家自体の気密性が高まっています。

 

揮発性有機化合物は部屋の中にとどまります。

 

またエアコンにより部屋の温度が20度~25度くらいに保たれています。

 

すると、有害物質が一気に揮発しない

 

つまり、建材から徐々に何年もかけて揮発する事になるのです。

 

その結果、シックハウス症候群にかかることが多くなるのです。

 

最近の家では非常に少なくなってきてはいますが、気になる場合はベイクドアウト、思い出してみて下さい。揮発の後の換気はお忘れなく。

 

※注意!ベイクアウトは、クロスなどの内装材を傷めることもまれにあります。

ベイクアウトが逆効果になる可能性も指摘されているので、家の作りや素材には十分注意してください

 

スイートホーム株式会社

staffより


⇓スイートホームへのお問合せは、お手数ですがこちらからお願い致します⇓

☎0120-181-323

mail@iezukuri-co.sakura.ne.jp

🖊資料請求・フォームからのお問合せ




スイートホーム関連キーワード

輸入住宅,家づくり,スイートホーム,裏技,リフォーム,インテリア,リメイク,アンティーク,ツーバイフォー,住宅ローン,理想の家,明るい,おしゃれ,かわいい,ローコスト,ガーデニング,マイホーム,新築,住宅,注文住宅,自由設計,モデルハウス,庭,暖炉,エコ,アレンジ,カフェ風,DIY,インスタスポット,映え,可愛い,オシャレ,輸入住宅の方が得,ホームパーティ,一軒家,海外,洋風,アイアン家具,北欧,こだわりが無い人お断り,コスパ,こんな家に住みたい,収納,断熱,高気密,高断熱,福島,住宅会社,北欧住宅,マイホーム計画,外観,計画,福島市,福島県,,会津若松市,郡山市,いわき市,白河市,須賀川市,喜多方市,相馬市,二本松市,田村市,南相馬市,伊達市,本宮市,伊達郡,桑折町,国見町,川俣町,安達郡,大玉村