· 

家に何を求めるのか?

 

「求めたとおりの家を手に入れることができる。

求めたとおりの家しか手に入れることができない」

 

家づくりを思い立ったら、間取りや設備やデザインなどの前に、まずは、「家に何を求めるのか?」という事を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

住まいは、 幸せの器です。

 

幸せは一家が健康であることが基本ですから、家造りでいちばん大切に考えなければならない事は、いかにして自分たち一家の健康に役立つものにするか、ということ。

 

だとすれば、さまざまな考えやこだわりがありますが、真っ先に求めるべきは

【快適な住み心地、次に安全性、さらにこの二つを家が解体される日まで維持できる能力】です。

 

 

最近は100年住宅!なんていう事がよく聞かれますが、これまでの住宅のような、【快適な住み心地や安全性も少なく、我慢とあきらめの暮らしを余儀なくされる】というのでは、100年の家でも何も値打ちがありませんよね。。

 

また、高齢化して、快適な住み心地が徐々に失われていって、、、安全性にも不安を覚えるようでは困ります。

 

 

ローンを組んで金利を払って、せっかく手に入れた家が原因で、健康を損ない、命を縮設め、しかもその家がローンの完済前に腐って安全性を失なって、地震で経験したように凶器となって家族に襲いかかるというような悲劇をくりかえしたくはありません。

 

家を建てたい!と思い立ったら具体的にどうしたらいいと思いますか?

 

①今の住まいで家族が感じている不満のすべてを、箇条書きにしてみる。

②それを持って、ハウスメーカーを訪ねる。

③その不満の一つ一つにどのような答えをもらえるのか、最低三箇所は訪問してその答えをじっくりと比較し検討してみる。

 

今までのように、どこがいちばん安く造ってくれるのかを尋ね歩くのでは無いのでご注意ください。

 

そうすると、あなたが用意する予算で解消可能な不満の数々が分かってくるはずです。

 

もしも肝心な不満が解消されないということが分かった場合には、無理して家を建てないことです。

不満が解消されないと分かっている家を新築してみても意味がない、安易な妥協は家族のためにはマイナスです。

 

 

最近は家に何を求めるかが定かではなく、ただ安く造ってくれるメーカーを求めるお客様と、それに答えることしかできない造り手がひしめきあって、欲と欲とが渦巻いている気がします。

 

「価格破壊」「低価格」を売り物にする新たな造り手が次々にやってきて、そのたびに「客は右往左往して、より安い造り手を求めて、さまよって。

家造りにかけるお金は、一家の人々の健康と快適と安全を長期にわたって確保するための投資であるという考えはすっかり忘れられているようです。

 

「ただ安くさえ出来ればいいというような考えは、一家を不幸に陥れるようなものですよ」という良心的な造り手のアドバイスには耳を傾ける人は少なくなりました。 

 

スイートホーム株式会社

staffより




スイートホーム関連キーワード

輸入住宅,家づくり,スイートホーム,裏技,リフォーム,インテリア,リメイク,アンティーク,ツーバイフォー,住宅ローン,理想の家,明るい,おしゃれ,かわいい,ローコスト,ガーデニング,マイホーム,新築,住宅,注文住宅,自由設計,モデルハウス,庭,暖炉,エコ,アレンジ,カフェ風,DIY,インスタスポット,映え,可愛い,オシャレ,輸入住宅の方が得,ホームパーティ,一軒家,海外,洋風,アイアン家具,北欧,こだわりが無い人お断り,コスパ,こんな家に住みたい,収納,断熱,高気密,高断熱,福島,住宅会社,北欧住宅,マイホーム計画,外観,計画,福島市,福島県,,会津若松市,郡山市,いわき市,白河市,須賀川市,喜多方市,相馬市,二本松市,田村市,南相馬市,伊達市,本宮市,伊達郡,桑折町,国見町,川俣町,安達郡,大玉村