· 

なぜ輸入住宅は高いと言われるのか。

頑強な構造!

 

【2×4や木質パネル工法は箱型構造なので、地震に強く長持ちする!】

 

2×4工法は、2インチ×4インチのランバー(製材)で枠組をつくり、構造用合板を張ってパネルを構成し、その【面】で建物を支える工法です。

 

また木質パネル工法は、ランバーや構造用合板で構成される壁パネルなどを工場でつくり、それを現場で組み立てるという工法。

 

 

いずれも、家全体を4面の体力壁(垂直面)と床·天井(水平面)で構成する6面ボックス型構造である点が特徴となっています。

そのため、地震や台風による揺れ・衝撃などの外力がかかっても、6つの面でバランス良く吸収・分散させてくれるのです。

 

ちなみに・・例えば、日本の伝統的な木造軸組工法は、柱や梁で骨組みをつくり、筋交いなどで耐震性や耐久性を補強していることが多いのです。

2×4工法などの【面】で建物を支える工法の建築は、6面体のボックス構造になっている事から、軸組み構造よりも外からの力に強い作りとなっています。


つづく・・・・・

 

 

スイートホーム株式会社

staffより




スイートホーム関連キーワード

輸入住宅,家づくり,スイートホーム,裏技,リフォーム,インテリア,リメイク,アンティーク,ツーバイフォー,住宅ローン,理想の家,明るい,おしゃれ,かわいい,ローコスト,ガーデニング,マイホーム,新築,住宅,注文住宅,自由設計,モデルハウス,庭,暖炉,エコ,アレンジ,カフェ風,DIY,インスタスポット,映え,可愛い,オシャレ,輸入住宅の方が得,ホームパーティ,一軒家,海外,洋風,アイアン家具,北欧,こだわりが無い人お断り,コスパ,こんな家に住みたい,収納,断熱,高気密,高断熱,福島,住宅会社,北欧住宅,マイホーム計画,外観,計画,福島市,福島県,,会津若松市,郡山市,いわき市,白河市,須賀川市,喜多方市,相馬市,二本松市,田村市,南相馬市,伊達市,本宮市,伊達郡,桑折町,国見町,川俣町,安達郡,大玉村


【ブログの更新通知をご希望の方はこちら】