· 

いい家は燃費がいい

みなさんはどちらを選びますか?

 

一般的な120㎡くらいの戸建ての場合、現在のエネルギー価値で計算すると、平均年間25万円ほどの光熱費がかかります。

 

つまり、

 

「A,普通の家」

 

を建てる場合同時に25万円×30年間=750万円分のエネルギーを買うことになります。

 

 

一方エネルギーコストが普通の半分で済む

 

「B,低燃費な家」

 

 

の場合は、将来のエネルギーコストは半分なので、375万円分は住宅のグレードアップに使うことが出来るようになります。

 

 

ですので、普通の家を建てる場合は、30年分のエネルギーも買うという決断をしたことになります。

 

 

AとBは支払う金額は同じでも、毎日の居住快適性は大きく異なります。

 

 

例えば、冬の窓周辺で感じる寒さや結露にに悩まされる事も無くなるでしょう。

 

 

この様に車選びなどでは当たり前に少し高いエコカーを購入しているのに、一番大切な一生の住まいにお金がかかっていない現状は悩ましいところがあります。

 

生活の中で、一番燃費を考えなければならない重要な所は「住宅」なのではないでしょうか。

 

スイートホーム株式会社

スタッフより

この投稿をInstagramで見る

輸入住宅専門のスイートホーム(株)さん(@sweethome.iezukuri)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

輸入住宅専門のスイートホーム(株)さん(@sweethome.iezukuri)がシェアした投稿 -