· 

輸入住宅と日本住宅の違いってなに?

 

 

輸入住宅は、まず資材が異なります。

 

たとえば「窓」。

 

輸入住宅の「窓」は、木製のペアガラスサッシがよく用いられています。 

 

木製のペアガラスサッシを使うと高気密・高断熱住宅が実現できるのはもちろん、室内のインテリア性もUPします。 

 

 

主な違いはデザイン性とインテリアに大きな違いがあります。

 

 

洋風住宅にこだわる方は輸入住宅以上に満足できるものはないと思います。

 

 

その他違いといえば、輸入住宅の多くは地震に耐え抜く【2×4工法】を用いています。

 

本格輸入住宅は、日本でも使用できるものと出来ない素材がありますので、ご希望のものがございましたら、お打ち合わせの際に担当者に相談してみるといいと思います!

 

また、建築会社やハウスメーカー、工務店によっても可能な物と出来ないものが違ってくると思います。

 

多くの会社は輸入住宅【~風(ふう)洋風とか】での建築の為、使用できないものも多いかもしれません。。。

 

偽物でも見た目が良ければOK☆の場合は、多くの会社さんが対応可能だと思いますので、色々な会社さんに確認してみるのもいいと思います☆