中古物件として売却

日頃、住まいに関するアンケートに答えてくれた方には「持ち家と賃貸」の経済的な損得を、一人ひとり算出してお送りしています。

 

そのほとんどの方が「持ち家の方が絶対に得」という結果に。

 

でも、安易に持ち家の方が得と考えると、逆に将来、人生に悪い影響が出ることもあるんです。

 

なぜだと思います?

 

最近よく、せっかくのマイホームを何年かして中古物件として売却しているケースをよく見ます。

 

なぜだと思います?

 

理由の多くが「ローン返済が厳しい」という状況での売却のようです。

 

作り手としても、せっかくその方の為だけに作った家なので、売却が出ると切なくなると思います。。

 

 

しかし、こうなるのは、ローンが怖い事という訳ではなく、その方の(家族)ライフプランの計画性が無さ過ぎて必要性の欲求時に家を求める傾向の為なんです。

 

子どもが生まれた

 

子ども部屋が欲しいが部屋が狭い

 

借家は寒いし、隣の音が気になる

 

老後を考えると

 

など、今まで特別気にしていなかった事を、何の影響かわからないけど突然思い立って展示場へ行ってみる。

 

この安易な考えが、マイホーム失敗の「こんな予定じゃなかった」に繋がる大きな原因の一つなんですよ。

 

 

ザ!今しか見てないってやつです。

 

今はローンを払えても、将来、子供が成長したり、ご主人の仕事関係や親との関わり合いや、後々お金がかかるローコストの住宅を購入したなどで安定して払うことが難しい事もあります。

 

ローンが怖いものではなく、計画性が無い事が怖い事なんです。

 

一般的には借入年齢が高いほど、ローンの支払い額が多くなり、収入面でスライドしないとローンの借り入れが出来なくなります。

 

みなさん、順番が違う方が多いですが、ローンの問題が先です。住宅の選び方はそのあとの問題です。(お金がある方は別です)

 

 

 

借入返済が厳しいとみるや、ローコスト住宅へ・・・・・。。。。。

 

 

なぜ、ローコストなんでしょうか。ローコストに出来る理由を理解してください。

 

ローコスト住宅が悪いわけではないんです。合う合わないがあるだけ。

 

 

みなさん、家づくりの失敗談ばかり検索しないで、将来を考えたライフプランを計画してみてください。

 

 

みんな誰でも自分の家が欲しいものです。

 

でも、市場調査のみなさんから伺うのは

「いい土地があったら」「安い物件があったら」「転勤が決まってから」

など。

 

まだ、夢の世界です。

 

市場金利が低い今で借入とローンの支払いが出来ない人は将来においてマイホームは困難と考えた方がいいかもしれませんね。

 

以上!ネガティブのように聞こえるかもしれないですが、人生で一番高い買い物をした場合、経済的な面(お金です!)をまずクリアにする事が基本中の基本です!

 

 

すべての家族におかれている条件はみんな違います。

悩みもみんな違います。

 

 

友達やお隣さんと比べても何にも解決しないです。

 

 

本気の熱意は、家づくりの成功につながりますよ。

 

Please do your best to make a house.