ロングライフデザインの家づくり

 

 

スイートホーム設立時より家づくりにおいて一貫した考え方と、それに見合う商品のあり方について施工現場を通して表現してきたつもりですが、今日はそれは何かということを簡単に説明することにします。

 

単純な言い方をすると、住宅が経年劣化することではなく経年美化する住まいの提供ということ。

 

単に構造体がしっかりしているとか断熱性が良いかということばかりではなく、様々な住まいの要件が必要と考えています。

 

住まいを長く維持するためには、まず美しい住宅でなくてはなりませんね。

 

美しい家は美しい風景をつくり、美しい家はそれを見る人の心をも豊にします。

 

 

 

美しい風景をつくることは、企業と住まい手が協同にしてできる地域の貢献でもあると考えています。

 

心豊な人ほどその美しさに共感し、自分でも美しい家を建てようとする意識につながるのではないかと思いますし、それを期待しているのです。

 

 

次に居心地・住まい心地がいい家ということです。

 

 

 

全室温度差のない家でフローリングをはじめ、全て無垢材を使用した家では、自然な姿での生活に愛着を感じる様になりますし、

間取りのとりかたによっては、キッチンで子供の動きを見ながら会話ができる幸せが。

 

 

家族との間をとることなど、又、パッシブデザインとすることにより、自然を取り入れて快適な「体感」をつくりだす住まいづくりが【住まい心地のいい家】ということだと思います。

 

 

この様な家は、住む人が出て行く理由がありませんし、壊す理由もないのです。

 

 

いつまでも家族間のつながりを保てる家。

 

居心地の良い家は、ストレスが少ないとも言われていますね。

 

 

自然素材を採用すると健康を損なわないなど、安全・安心としての巣としての住まいにもなります。

 

 

この様に長く住みこなす家には何らかの理由が存在しており、愛着と誇りをもって住みこなせる家づくりが、ロングライフの家づくりであると考えています。

 

 

この様な家を納得する価格帯で提供できるようにすることが私どもの使命でもあります。

 

 

ロングライフデザインを完成させるためには、住まい手側との相互理解が必要になります。

 

それは生活者のニーズに合わせていると普通の家や他の家と同じ家になってしまい理想の家にならないので、時には自社の納得する住まいづくりを優先することもあります。

 

 

そして完成した家は全て自社の有形の資産として考えるています。

 

「絶対美感」という最も大事なことを最も大事にしていきたい。

 

今後も、その一例を機会あるごとに発信いたしますので、期待していただきたい。

 

又、今後とも沢山の出会いのチャンスを私どもに与えて頂けたら幸いです。