家づくりで失敗する人・成功する人

今、多くの人が家を手放したり、住宅ローンが原因で家庭崩壊がおこったりしています。

 

新築した家を数年で手放す人も増えてきている現状です。

 

なぜ、多くの人がこのような状況におちいるのでしょうか。

 

その一つには、住宅ローンに原因があったり。。

 

わかりきったことですが、今は住宅ローンが払えても、将来はどうなるかわからない。

 

給料が減り、ボーナスも無くなるかもしれない。

 

旦那さんが不当なリストラに遭うかもしれない。

 

どの様な事が我が家を襲っても、ゆっくり着実にローンを払えるような家を作らなければならないという事です。

 

笑うに笑えない、、、悲しい親子の会話。父親が倒れた時に親子ローンを組んでいた息子が叫びました。

 

「親父、しっかりしてくれよ!死んだら俺が困るんだよ」

 

「大丈夫だ。ローンは保険でチャラになるから」

 

「そうか!じゃあ一安心だな」

 

妻は家を出ていき、父は倒れて入院。

 

幸せな家族が奈落の底へと落ちた本当の原因とは、いったい何でしょうか?

 

家を建てると決めた時、それは始まっていたのではないでしょうか?

 

 

本当に他人事ではないと思います。

大手ハウスメーカーだから、色々と安心と思っていませんか?

 

大手でも現実は・・・・

 

 

家づくりというのは、本当に奥が深いのです。